契約書の基礎知識
契約書の基礎知識

行政書士山口陽一事務所
〒250-0106 神奈川県南足柄市怒田1142-8
FAX 0465-73-4658
E-mail info@gyoseishosi-yamaguchiyoichi.net
URL:http://gyoseishosi-yamaguchiyoichi.net/keiyakusho1.html

契約書とはHEADLINE


・契約書とは
 契約書とは、当事者間で約束したことを書面にしたものです。契約自体は、口約束でも成立しますが、トラブルになった場合、「言った言わない」とならないように、証拠として契約書を交わすことが重要になってきます。

・契約自由の原則

 具体的内容
 締結自由の原則  当事者は契約を締結するか否かを自由に決定できるとする原則
 相手方自由の原則  契約相手を自由に選ぶことができるとする原則
 内容自由の原則  契約内容を自由に当事者間で決めることができるとする原則
 方法自由の原則  口頭又は書面にするか否かを当事者間で自由に決めることができる原則
 例外
 経営者と従業員、企業と消費者など、当事者でも力関係が大きい場合は、一方的に内容を決められ、不利な内容の契約を結ばされてしまうことが多いため、労働基準法、消費者契約法など、契約自由の原則の例外が設けられています。また、保証契約や工事請負契約のように、書面化を義務付けていることもあります。

・契約の種類・分類

 民法上、契約の種類は、13種類規定されていますが、内容によって、以下の分類ができます。
・典型契約と非典型契約
 典型契約とは、民法に定められた13種類の契約(贈与・売買・交換・消費貸借・使用貸借・賃貸借・雇用・請負・委任 ・寄託・組合・終身定期金・和解)をいいます。民法に定められていない13種類以外の契約を非典型契約といいます。

・混合契約
 混合契約とは、典型契約が複数混じった契約形態をいいます。

・双務契約と片務契約

双務契約   当事者双方が対価を渡す債務を負っている契約  売買・交換・賃貸借・雇用・請負・組合・和解
 片務契約  当事者の一方が対価を渡す債務を負っている契約  贈与・消費貸借・使用貸借
※委任・寄託・終身定期金は有償の場合は双務契約、無償の場合は片務契約となります。

・諾成契約と要物契約

 
諾成契約   口約束だけで成立するもの  売買・贈与・交換・賃貸借・雇用・請負・委任・組合・終身定期年金・和解
 要物契約  口約束と物のやり取りを必要とするもの  消費貸借・使用貸借・寄託

・任意規定と強行規定

 任意規定  当事者の合意で排除できる法律の規定をいいます。
 強行規定  当事者の合意で排除できない法律の規定をいいます。例、民90条

 任意規定は、合意によって、修正することができますが、強行規定は、違反しますと、契約が無効となったり、行政処分・罰則を課されることがあります。

・一般法と特別法

 一般法  ある事項について、一般的に適用される法律をいいます。例、民法
 特別法  特定の関係(人、事物、地域、行為)について、適用される法律をいいます。例、商法・借地借家法・労働基準法・消費者契約法

 特別法が適用される場合は、一般法は適用されないため、契約内容を決めるにあたっては、特別法に違反しないよう注意する必要があります。違反には、罰則が課されている場合が多いです。

法律上は、口約束で契約は成立しますが、契約内容は契約によって全て違いますので、口約束はトラブルの元となります。そのためには、内容を書面として残すことでトラブルの予防となり、仮に裁判となったときの証拠として重要な役割を果たします。

 当事務所では、契約書作成に関するご相談・作成のご依頼を下記お問い合わせボタン、FAXにて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

               契約書作成に関するご相談・作成のご依頼はこちらから

ナビゲーション

トップページ 事務所概要 作成する理由 書式 書き方 特約 当事者 交渉中の手続き リスク ひな型について 種類別契約書の内容 よくある質問 料金のご案内 手続きの流れ プライバシーポリシー 免責事項